未来に備えた家づくり

近年、石炭、石油、天然ガスといった化石燃料の使用増加にともなって、

二酸化炭素の排出が急速に増加してきました。

この結果、地球上の余剰熱エネルギーが加速的に増加し、海がその熱をひたすら吸収し続け、海水温の大幅な上昇を引き起こしていると言われているのですが、これが、大型台風の発生や台風頻度の増加、そして様々な異常気象の発生原因となっています。

また、環境省の予測によると、2100年には夏の気温が軽く40℃を越し、台風の風速が最大90mにまで上るとのことなのですが、私たちが生きている30年後の2050年でさえも、現在より気温が1.5度も上昇するようです。

それゆえ、私たちは可能な限り二酸化炭素の排出が抑えられる家づくりをすると同時に、これから起こりうる災害に備えた、 家づくりをしなければいけません。

おはようございます。

シンプルノートつくばスタジオの櫻井です。

では、具体的にどのような家づくりをすればいいのでしょうか?

耐震性の正しい理解

家は、地震によってのみ揺れるのではなく、トラックやトレーラーといった大型車両が家の前を通った時や、台風の時のような強風時にも揺れます。

そして、これら1つ1つの積み重ねによって金物が緩み、その精度が劣化することで、大きな地震が発生した時に耐えられなくなってしまうこともあります。

ましてや、ここ最近強烈な風速をともなった大型台風が当たり前となり、しかも発生頻度も高くなっていることから、地理的条件や環境に合わせて、なるだけ強風の影響を受けにくい家にすることがなにより大切なのではないでしょうか?

ただ単に耐震等級を高めるだけではなく。

風の抵抗を受けにくい家とは?

もちろん、土地の広さによりますが、環境的な観点から見ても、家は平屋がベストだと思います。

背が低いため、そもそも風の抵抗を受けにくいし、上からの荷重もないため、風の抵抗を受けてもそれほど揺れないからです。

また、トラックやトレーラーが通った時も、重心が低く、ドシっとしていることから、通ったかどうかも分からないぐらい、その振動の影響を受けないからです。

ただ、平屋で最も難点となるのが、コストの問題です。家を小さくしなければ、単純にコストが高くなってしまうだけだし、土地も広げないといけないとしたら、土地のコストまで高くなってしまいます。

また、間取りやデザインが悪くなると、目隠しや装飾のために、外構工事のコストまで高くなってしまいます。

その上、家や土地の面積が広がってしまうと、いずれの固定資産税までも高くなってしまいますしね。

それゆえ、コスト面にも配慮した間取りづくりやデザイン提案が平屋づくりには欠かせない大切な要素となります。

しかし、コスト面をクリアすることで、無理のない返済計画を実現し、豊かな未来を描くことが出来れば、間違いなく平屋が最も望ましい家だと思います。

温室効果ガス排出削減への寄与度も、2階建ての家よりも高くなりそうですしね。

ということで、次回は、より温室効果ガス排出が削減出来る家について、お伝えしていきたいと思います。

それでは、、、