住宅ローン金利の仕組みと今後の動向

今年の春闘で順調に賃金が上昇したこともあり
ついに日銀が17年ぶりに
マイナス金利を解除する運びとなりました。

これを受けて
住宅ローン金利が上がることになるため
返済に苦しむ人が増えるだろうという
ニュースをチラホラ目にするのですが、
果たして住宅ローン金利は
今後どのようになっていくのでしょうか。

おはようございます。
シンプルノートつくばスタジオです。

というわけで今回は、
これから家を建てたいなーとお考えの方が
最も気になっていることであろう
「住宅ローン金利」について
お伝えしていきたいと思います。

✔️住宅ローン金利は上がってしまうのか?

住宅ローンには変動金利と固定金利があるのですが、
今回の日銀のマイナス金利解除によって
全ての住宅ローン商品の金利が上がるのかというと
決してそんなことはありません。

というのも、変動金利と固定金利では
基準となる金利が違っていて
今回のマイナス金利解除の影響を受けるのは
固定金利だけだからです。

具体的な商品としては、
フラット35をはじめとして
各銀行が取り扱っている
全期間固定型の住宅ローンが1つ。
そしてもう1つが
当初10年間だけ金利が固定される
いわゆる「10年固定」と呼ばれている
住宅ローンです。

もちろん固定金利が上がれば、
少なからず変動金利も影響を受けて
上がりやすくなるのも
また一つの事実ではあるものの、
今後、変動金利が上がるとしても
まだまだ時間がかかることが予想されるので
(本当に景気が良くなるまで
変動金利は上がらないと思われます)
すでに住宅ローンを変動金利で組んでいる人が
返済が苦しくなるという報道は
まずあり得ないと思っている次第です。

✔️これから家を建てる人はどうするべきか?

今回のマイナス金利解除を受けて、
全期間固定の住宅ローン金利は上がり
変動金利との差が1〜1.5%ほど生じるため、
全期間固定の住宅ローンは選択肢にくくなります。

全期間固定の商品は、
返済負担が上がるだけじゃなく
余分に初期費用としてお支払いする手数料が必要になるため
その分家にかけられる費用も減ってしまいますしね。

とはいえ、じゃあ変動金利がいいのかというと、
それはそれで「そうですね」とも
言いにくいのが正直なところです。

これから先の金利動向が
どうなるかは誰にも分からないし、
仮に変動金利の金利が
上がるような状況になった場合、
それから固定金利に借り換えしようとしても
商品の性質上、変動金利が上がる頃には
固定金利はずいぶん上がっているからです。

借り換えは、たとえ金利が下がり
返済負担が下がるとしても
都度、手数料や登記代といった
余分な手数料がかかることになるし、
団体信用生命保険への加入が必須となるので、
健康状態にも左右されますしね。

そんなわけで個人的には
どちらかというと
全期間固定をオススメさせていただいている次第です。

もちろん、金利が高くなれば返済負担は上がるため、
それに合わせた予算設定も必要になってくるので、
これから家を建てようとお考えの方はそれも考慮した上で
資金計画を立てるようにしていただければと思います。

それでは、、、

SIMPLE NOTE 詳しい資料をお送りいたします

洗練されたデザイナーズ住宅
合理的な設計がもたらす高性能住宅
子育てママの家事をラクにする思いやりの家
家族の安全やプライバシーを守る防犯住宅
無駄なコストを省いた賢い家
人に自慢したくなるようなセンスの良い個性的な家

それは今までにない、新しい住宅のカタチ。

詳しい資料をお送りいたします!